指導者

川上 勝功(まさのり) 声楽家/合唱指揮者

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。 南カリフォルニア大学オペラ研修所にてオペラ歌唱及び演技を研修。 米国留学を機に日本に於ける大学教育を含めた声楽発声指導の遅れを痛感し、自ら発声研究家として研究所を主宰し、海外の著名な指導者を招いて、日本人の声楽発声技術の向上を目指して共同研究を行っている。 全米声楽指導者協会(NATS)会員。国際声楽指導者会議(ICVT)会員。 日本声楽発声学会副会長。 二期会、東京室内歌劇場、日本合唱指揮者協会各会員。 横浜音楽文化協会会員。かながわ合唱指揮者クラブ顧問。 日本大学芸術学部、NHK文化センター各講師。また、『ヴォーカルアンサンブル・ヴィクトリア』の他、いくつかの女声合唱団の指揮の他、混声合唱団や男声合唱団の発声指導や指揮をしている。年に数回は自分のソロ活動もしているが、現在は後輩声楽家達への指導と、中学・高校・大学での学校教育の現場での発声指導や合唱活動を行っている。

加藤 詩菜(うたな) 声楽家

横浜市出身。フェリス女学院大学音楽学部演奏学科卒業。洗足学園音楽大学大学院音楽研究科修了。ウィーン国立音楽大学WienerMusikseminarディプロマ修了。 第4回彩明ムジカコンコルソ第1回声楽部門「読売賞」受賞。第15回日本演奏家コンクール声楽部門「奨励賞」「協会賞」受賞。 第83回横浜新人演奏会出演。声楽を、川上勝功、平松英子、ウーヴェ・ハイルマンの各氏に師事。日本声楽発声学会会員。東京室内歌劇場会員。横浜市民広間演奏会会員。現在、洗足学園音楽大学ミュージコース助手。東京音楽院、一音会ミュージックスクール講師。

 

須江 太郎 ピアニスト

桐朋学園大学卒。 尚美Dip修了。 パリ、エコールノルマル音楽院へ留学、演奏家コースを審査員満場一致で首席卒業。 東京、神奈川、パリ他各地でリサイタル。 また華道家假屋崎省吾氏とのコラボレーションや、千葉市美浜文化ホールの監修など多方面で活躍。 2014年からは、主にタカギクラヴィア所有のニューヨークスタインウェイの歴史的名器を使用してのコンサートシリーズを始める。 見過ごされがちなピアノ個々の楽器としての重要性をアピール。 りべるて響会、日本フォーレ協会、横浜音文協各会員。 CD「シューマン:謝肉祭」「ドビュッシー:月の光」リリース。

http://studio-b-suetaro.jimdo.com

古野 七央佳(なおか) ピアニスト

第33回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会入選。 第57回鎌倉市学生音楽コンクール第3位。 第29回かながわ音楽コンクール最優秀賞・ヤマハ賞。第5回ヨーロッパ国際コンクール銅賞。 第4回サンハートアンサンブルオーディション優秀賞。 
ウィーン国立音楽大学WienerMusikseminarディプロマ修了。
これまでに、アンジェイ・ヤシンスキ、ブロニスワヴァ・カヴァラ、フランク・ウィボー、ミハイル・ヴォスクレセンスキー各氏のマスタークラスを受講。 また、ピアノを日比谷友妃子、東誠三、三上桂子、有吉亮治の各氏に、室内楽を藤井一興、加藤真一郎の各氏に師事。